CASE

改善事例・実績

工場作業改善 記事一覧

  • NEW
    人時生産性と労働生産性との違い

    人時生産性と労働生産性との違い

    《人時生産性の向上は競争力を高め変化に強い》 人時生産性とは、従業員1人が1時間分の労働をした時の 生産性を数値化したものです。 簡単に言えば、1……

    ,

    続きを見る
  • NEW
    人と機械の稼働率と可動率(ベキドウリツ)

    人と機械の稼働率と可動率(ベキドウリツ)

    《作業の仕方・進め方が差別化を決める》 製造原価の科目の、 材料費、人件費、燃料費、溶剤費、光熱費などの経費は、 同じ規模のクリーニング店さんなら若干……

    ,

    続きを見る
  • 「見える化」の目的

    「見える化」の目的

    《見える化で現状分析》 1994年(平成6年)にトヨタ生産方式に出会いました。 阪神大震災の前年です。 もう、27年が経過しました。 その当時のクリ……

    ,

    続きを見る
  • 省力化と省人化と小人化の違い

    省力化と省人化と小人化の違い

    《小人化(ショウニンカ)で体質強化》 省力化は、機械や装置を使って作業を楽にすることです。 作業が楽になると、スタッフの負担が軽くなるので、……

    ,,

    続きを見る
  • クリーニング作業のムダとは

    クリーニング作業のムダとは

    《ムダを無くせば品質と利益が上がる》 お客様の要望に応える為の作業、 洗う・仕上げる・シミを抜くなどの時間を削れば、 要望に応えにくくなり、お客様の不……

    ,

    続きを見る
  • さぁ!ロット生産を始めよう!

    さぁ!ロット生産を始めよう!

    《ロット生産ってどうするの?》 ロット生産とは、作業を進めて行く単位を決め、 その単位を守りながら作業を進めて行く方法です。 この作業方法の目……

    ,

    続きを見る
  • 大量生産から多品種少量生産へ

    大量生産から多品種少量生産へ

    《クリーニングは客単位セット生産が目標》 現在のクリーニング工場の殆どが、 まとめて作業をするダンゴ生産(大量生産)をしています。 その方……

    ,

    続きを見る
  • 出荷場の広さはコストと比例する

    出荷場の広さはコストと比例する

    《出荷場から分かる自社の問題点》 「後行程はお客様」と言う有名な考えがトヨタ生産方式にはあります。 これは、次の工程に迷惑を掛けないように不良品を次の工……

    ,

    続きを見る
  • 多能工のすすめ

    多能工のすすめ

    《多能工の第一歩は仕上げたらすぐ包装》 「多能工を進めるにはどうしたらいいですか?」 そういう相談を受ければ、 「仕上げたらすぐに包装して下さい」……

    ,,

    続きを見る
  • 株式会社オリタニ
  • リキネット
  • ファイトオーナーズクラブ