福井県 カワイクリーニング 代表 河合隆輝様 導入歴3年

 

当店は私と妻、父、母で営んでいる小さなクリーニング店です。
トヨタ式を導入することで、経費削減につながるような規模ではありませんが、
当店で起こっている問題を解決したいと思い、トヨタ式の導入を少しづつ行っています。

トヨタ式を知ったのは3年ほど前で、当初は私のみでトヨタ式を勉強し、導入を進めていました。
両親には理解してもらえず、険悪な関係が続いた時期もありました。

富山県で行われた馬道さんの講演を聞いて、なぜ自分がトヨタ式を導入したいのかがハッキリしました。
翌日、なぜ自分がトヨタ式を導入したいのか父と話し合い説得し、
後日福井県で行われた馬道さんの講演会に父と一緒に受講することが出来ました。

講演会嫌いの父ですが、馬道さんのお話を聞いて、父は私の考えを理解してくれ、2019年から家族でトヨタ式を進めています。

当店の問題点としては…
・渡し間違い・紛失品が多かった
・仕事量の波が激しい(繁盛期と閑散期の差)
・親の高齢化や体調により、長時間仕事が出来なくなった。(長時間すると品質が下がる)
・親が体調を崩して働けなくなったときに問題なく仕事ができるか?

導入したことで…
・お客様ごとに仕事が進んでいくので、他のお客様の物と混ざるリスクが減った。(2019年は今のところ紛失品無し)
・毎日平均した量の仕事量になったので、体の負担が軽くなった。
・長期お預かりを取り入れたことで繁盛期の体の負担が軽くなった。
・お客様ごとに進めることで余計な作業が少なくなった事で負担が軽減された。
・一人でも仕事がやりやすくなった。回せるようになった。
・他の仕事が出来る時間が作れるようになった。
・商品一つに掛かる時間を気にするようになった。
・今まであまり気にしていなかった数字を気にするようになった。→新しい問題点が分かった。

DSC_0540
  • 株式会社オリタニ
  • リキネット
  • ファイトオーナーズクラブ